海外で働きたい!未経験で学歴不問という海外の求人を見かけたら

未経験、学歴不問というフレーズの海外での求人を見たら

海外で働きたい!

海外で働きたい!そう思ってネットで海外にある求人検索していると未経験でもOK、学歴不問という呼びかけの求人募集がたまにあります。このフレーズにはどんな裏の意味があるか、今回はお話したいと思います。

 

未経験、学歴不問という触れ込みの求人は、海外、国内問わず、同じことがいえると思います。それはとてもキツイ仕事などので離職率が高いこと。未経験でも学歴不問でも人手が足りないのでとにかく人員募集使用というところが多いと思います。

 

世の中、そんなに甘くない。未経験でもスキルが無くても採用して、懇切丁寧に仕事内容を教えてくれるところはないです。なのでそんな求人に応募する場合は覚悟しておきましょう。厳しい仕事内容とわかっていても海外に行って働くことができるチャンスのひとつ。行けば何とかなるさとそういう求人に応募して理想と現実のギャップに耐え切れなくて日本に帰っていく人を何人も見ました。

 

私は日本に帰るのを負けとか挫折とか言っているわけではありません。海外に残っているのが勝ちとも思わないです。海外で働いた経験を少しでも生かして日本で活躍できたら素晴らしいことだと思います。

 

ただココで言いたいのは勢いに任せて仕事内容も選ばずに海外に来てしまうのは、少し考えてからにした方がいいという提言です。海外に持ってくる荷物の運送費用も相当かかるでしょうし、海外での住まいを見つけるのにも相当な費用がかかるでしょう。それを少しの期間だけ生活して日本に帰るのは、お金をドブに捨てるようなものかなあと思ったりします。

 

ドイツで働いていた会社に新人が採用されて働きにきました。来た早々住居に家具を買って搬送していました。でもすぐ退社してしまいました。あの家具とかどうしたんでしょう。海外に来たてで住居を探す際はまずは家具付きの住居をおすすめします。

 

もう一度まとめ。未経験、学歴不問という謳い文句の求人はキツイ仕事が待っています。相当の覚悟をしてから応募してください。

 


未経験、英語が出来なくても海外で働くことができる!?


関連ページ

海外で働きたい!海外で働く方法、知っておきたい基礎知識
海外で働きながら海外で生活するにはどういった方法があげられるのでしょうか? 大きく分けて2つ挙げられると思います。1、日本の会社から出向して海外で働く駐在員2、現地採用3、日系企業ではなく現地の会社に就職、コレラのケースを詳しく説明していきます。
海外で働きたい!でも英語が出来ない。。いやその前に手に職つけよう!
海外で働くなら英語ができなければならない。。というイメージも今ではもう幻想だと思います。なぜ英語が出来なくても海外で仕事を始めることが出来たのか、私の体験談とそれからいろいろ考えてみたのでそれを基に理由を挙げてみたいと思います。
海外で働きたい!海外で知っておきたい3つの仕事のルール、慣習とは?
日本を飛び出して海外で働く場合、仕事の慣習やルールの違いは当然あるので予め調べて順応しなければならないですね。私自身はドイツ、ポーランドでの経験なのでその範囲でしかわからないですが、今から話すことはおそらくヨーロッパ全体でも共通の認識、慣習、ルールかなあと思います。まずヨーロッパに来て日本との違いに驚いたのは雇用契約書を持たなければならないということです。
海外ヨーロッパの企業に就職したいなら、まずはインターン。給料は無料!?
海外の会社の多くはインターンシップ制度というのがあり一人前に業務がこなせるまで研修します。その間はほとんど無料に近い給料しかもらえないです。このインターン制度を終了してもその後、その会社に正式に就職できるわけでもないようで、ただインターン期間を終了したという証明書をもらうだけです。
海外、ヨーロッパで働いて無期限滞在許可を得るには5年我慢しよう
はじめのうちは日本人でなければならない理由の仕事や日系の会社にしか仕事に就くことはできません。というのも滞在許可がおりません。これはEU圏の話になりますが、始めは就職した先の会社の社員だったら滞在してもいいですよという許可証です。

旅行を仕事にする方法 海外勤務の求人検索 留学帰国者を応援するサイト