海外ヨーロッパでいよいよ働く!海外で就職時に必要なこと、実践編

海外で就職時に必要なこと、実践編

海外、ヨーロッパでいざ働くことになったら、どんな手続きをすればいいの?どんな行動をとればいいの?海外で働き始めたら、知っておきたいこと、実践編のカテゴリーです。必要な手続き、履歴書の書き方、退職届けの書き方、ヨーロッパではどんな面接なのか、具体的に話していきたいと思います。


海外ヨーロッパでいよいよ働く!海外で就職時に必要なこと、実践編記事一覧

ドイツの企業やポーランドの企業に就職活動をしたときによく書きました、履歴書。場所が違えば日本の履歴書とは違いますね。それでは大まかな書き方をお話します。ヨーロッパの国々はだいたい同じ書き方だと思います。まず顔写真が日本と違いますね。斜め上方から撮った顔写真で、笑顔でもOKなようです。ところでアメリカは履歴書に写真を貼らないと聞きました。人種で採用に影響が無いようにするためだとか。本当なんでしょうか...

ドイツの企業に就職活動すると、日本の就職活動とは違うんだなあと思いました。求人に応募する時、Ausbildung(アウスビルドゥン)があるかどうか聞かれます。他の記事でも話したインターンシップ、その職業についての研修のことです。これが無いと正式な就職に進めないようです。日本の就職活動している人や労働の習慣からすると違った世界のように感じますが、わかりやすく言うとお医者さんが良い例ではないでしょうか...

海外で働いた後、渡される給与明細。でもドイツ語なので、なんて書いてあるか初めはわかりませんでした。ここで皆さんにドイツの給与明細の項目の見方を大まかに紹介します。それぞれの項目をドイツ語から日本語に翻訳してみました。Brutto・・・給与の額面Netto・・・手取り額です。Steuer・・・税金のことです。Lohnsteuer・・・所得税SolZ , Solidaritätszuschlag・・・...

ドイツで働かしてもらった会社を退職する時、退職届を書いてくれと言われました。しかもドイツ語で。日本の会社なのに。これまた難しいですよね。なのでまたドイツ語の先生にお願いして書いてもらいました。ここでドイツでの退職届のテンプレートを紹介します。パソコンのワードで書いた後は、プリントアウトしてその紙に直筆でサインを書いてくださいね。↓ココからテンプレートです。_____________________...

ポーランド版のハローワークはurząd pracy(ウジョンド・プラツェ)と言います。ウジョンド・プラツェの登録の仕方は、滞在許可証と申込用紙、学歴や職歴を証明する書類です。ここでも過去を証明する書類が求められますね。日本にその書類がある場合、無いという由を書いた書面を出すとOKです。どういう書き方かは受付の人がたいがい下書きを持っているのでそれをポーランド語で書きます。登録が済んだら、数日後に登...

未経験、英語が出来なくても海外で働くことができる!?