海外ドイツで働きたい!ドイツの給与明細の項目の見方を和訳 教会税とは?給料日はいつ?

海外ドイツで働く!ドイツの給与明細の項目の見方を和訳

海外で働いた後、渡される給与明細。

 

でもドイツ語なので、なんて書いてあるか初めはわかりませんでした。

 

ここで皆さんにドイツの給与明細の項目の見方を大まかに紹介します。

 

それぞれの項目をドイツ語から日本語に翻訳してみました。

 

Brutto・・・給与の額面

 

Netto・・・手取り額です。

 

Steuer・・・税金のことです。

 

Lohnsteuer・・・所得税

 

SolZ , Solidaritätszuschlag・・・ドイツ連帯税

 

KV-Beitrag・・・健康保険

 

RV-Beitrag・・・年金

 

AV-Beitrag・・・失業保険

 

PV-Beitrag・・・介護保険

 

この項目がだいたいの給与明細の項目なので抑えておけば間違いなし!?

 

あと日本では見慣れない項目にKirchensteuer というのがあります。日本語に翻訳すると教会税です。教会のために税金を徴収するようです。

 

私はキリスト教ではないのでこの項目はゼロでしたが、ドイツでもこの税金の是非に議論があるようですね。

 

政教分離って建前なのね。。初めに思いました。

 

そういえばドイツの企業に就職活動をして面接を受けたとき、宗教は何?と聞かれました。こういうことだったんですね。
給料日がその月末にもらえるのも驚きでした。

 

例えば12月中に働き始めたら12月末締めで12月末に給料をもらえます。これは働き始めたばかりの人にとっては嬉しいですね。


未経験、英語が出来なくても海外で働くことができる!?