タイ人の気質とは?赴任先で学んだ異文化の働き方

タイへ職業訓練指導員として派遣赴任体験談 タイ人はプライドが非常に高い!?

タイ人の気質とは?赴任先で学んだ異文化の働き方

次は、タイの工場に職業訓練指導員として派遣された方の体験談です。

 

私は、職業訓練指導員として、中国地方でとある産業会社の職業訓練指導を担当しております。

 

元々、全国転勤がある会社でしたので転勤事態はそんなに嫌ではありませんでした。嫌ではありませんでしたが、
上司からミーティングの際に突然「タイの工場に派遣で指導員として出向してくれないか」と幹部会議の場で呼ばれて出向命令を受けたのがキッカケでタイへ職業訓練指導員として派遣されることになりました。

 

タイでは、専門学校の修学旅行の際に行ったことが一度ある位で街並みなどはほとんど覚えておりませんでした。

 

言葉に関しては、現地で通訳できるスタッフが付いてくれるので問題無いと言うことでしたので、仕事については、一安心でした。

 

ですが、問題となるのはタイでの一人生活です。以前も専門学生の頃にタイへ修学旅行に行った際に、呼び止められてお財布を取られそうになったり大蛇を担いでいるタイの民族衣装を着用した女性に写真を一緒に撮って欲しいと言われ、写真を撮りましたら、高額な金額を請求されたことがありましたので、日本人はお金を持っている=スリの被害に遭遇し易いと思ったのです。

 

ですので肩に下げるショルダーバッグ等を使用してバイクで唐突にカバンを取られると言うのも想定しなくてはなりませんので、かなり、用心して生活しようと思いました。

 

私がタイで生活をする際に気を付けたことは、まずタイの文化を知ると言うことでした。タイは階級社会ですので、年齢や地位等によって細部の挨拶の仕方は異なりますが、両手を合わせて胸の真ん中で止め、笑顔をしながら軽く頭を下げます。

 

見ず知らずの人であっても、公共の場や施設等で親切にして頂いた方には、去り際にワイでお礼をするようにするのが一般的であると調べる段階で分かりましたので、タイでの独自の挨拶を意識するようにしました。

 

また、タイ時間として、タイ人の時間ペースがあります。タイ人はマイペースでどちらかと言うと、大雑把な性格をしておりますので、歩き方や素振りもゆっくりなので、コスト意識を主体とした日本人からすれば、少し感覚が遅れているような気もしますので、普段の生活ではタイ人のマイペースな時間に合わせることが必要です。

 

また、一番仕事をする上で重要視しましたのは、タイ人はプライドが高いと言う部分です。

 

タイ人はプライドが非常に高いので、文句を言われ、馬鹿にされたり笑われたりすることが大嫌いなので、そのような失礼なことをしてしまうと一生相手にされなくなる恐れもあり、
場所によっては警備員も常駐しているような場所もあるので、私がタイ工場で職業訓練指導する時も決して茶化したり、失敗しても笑うようなことはせず、全て真摯に受け止めて、真顔で真剣に対応するようにしました。

 

タイに居住してみて分かったことは、その国の文化に合わせて生活することが大事であると全ての面に通じてそう思いました。


未経験、英語が出来なくても海外で働くことができる!?


関連ページ

駐在職員としてベトナム支社工場に派遣 文化の違いに驚きの連続
私は、現在山陰地方で縫製関係の会社に勤務しております。縫製業界は、近年中国での労働単価が高騰し、中国市場から撤退する会社が増えております。私共の会社も縫製単価が上がり過ぎて会社としての採算が取れなくなり、中国市場から撤退して、東南アジアの更に奥地へと進出することが決定しました。
香港で未経験から始めた栄養食品の販売のお仕事、言葉の壁の大変さに直面
現地採用です。中国の香港で現地採用されました。中国語はできませんから全て英語になってしまいましたが何とかコミュニケーションは達成しました。知り合いのつてで入社となりましたが就労ビザなどがなかなか大変でした。栄養士の勉強を現地でしていたんですが、そういった経歴を買っていただいたんだと思っています。しかし仕事自体は経験がありませんでしたので色々とトレーニングをして頂きました。
渡英した当初は英語も話せなかったがカフェで仕事をして慣れて、その数ヶ月後に紅茶屋さんに飛び込みで求人応募
私はYMSビザでロンドンに来ました。渡英した当初は英語も話せなかったのですが、学校には通わずに自分で勉強していました。しかしこのままでは英語が上達しないのでダメだと思い、カフェで仕事をして少しずつ英語に慣れていきました。その数ヶ月後にずっと働きたいと思った紅茶屋さんに飛び込みで求人募集をしているか尋ね、履歴書を渡しました。
英語も話せないけど海外駐在希望してから9年間シンガポールに駐在
海外駐在のきっかけは入社以来ずっと海外駐在の希望を出していました。(英語も話せないのに。。)当時は今のようにTOEIC何点以上という条件もなく、入社3年目でシンガポール駐在となり、 そこから9年間シンガポールで働きました。
海外イギリスでボランティア活動 英語検定IELTSのランクは3以上必要だが、、
知的障がい者のグループホームでのサポートを1年間しておりました。ボランティアであはありましたが、月に150ポンドの報酬(アローアンス)を頂いていました。仕事内容は入居者の日常生活のサポートで、日々の仕事や作業が決まっていて、一緒に行う就業サポートです。インターネットで検索をして、このようなプロジェクトがあると知り応募をしました。自分自身の推薦文を送り、スカイプでの面接試験を経て合格となると、ボランティアビザを取るための書類の制作となります。書類の書き方は施設からサンプルがメールで送られてきてそれに沿って記入すれば大丈夫でした。
中国、アメリカ、その他諸外国で輸入雑貨販売の仕事。自分の判断ができるかどうかが必要なスキル
私が海外で仕事をしたのは25歳のときにはじめて仕事をして現在まで仕事をしています。私の仕事はいろいろな国から日常で使える雑貨や家具を輸入する仕事をしており、最初は先輩方やアメリカ人の上司の方に仕事を教えてもらいながら仕事をしました。私の会社はいろいろな国に支社があり、日本語ができる外国人の上司もおり、いろいろな方が働いている職場です。仕事をするに当たり、会社のルールを学び語学を学びます。
海外フィリピン、セブ島で英会話学校の営業、事務スタッフのお仕事
日本で募集していたセブ島勤務の事務スタッフ募集に応募しました。日本採用だったので、現地採用よりはお給料もよく最初は住む場所も提供されていました。仕事内容はセブ島での英会話学校の営業、事務スタッフです。営業は電話での仕事が中心。生徒さんからのお問い合わせや留学などの案内。

旅行を仕事にする方法 海外勤務の求人検索 留学帰国者を応援するサイト 初回登録が楽! 急ぎの転職に向いている転職エージェント