海外、オーストラリア、語学学校の臨時職員として働いた体験談。オーストラリアで大学を卒業後、そのまま現地にある語学学校の教員求人情報より

オーストラリア、語学学校の臨時職員として

次にオーストリアで語学学校の臨時職員として働いた方の体験談を紹介します。

 

私はオーストラリアで語学学校の臨時職員として採用され現地で仕事した経験がありました。

 

元々英語が得意で高校時代からオーストラリアに語学留学を1年間した経験があり、その時のホストファミリーの歓迎してくれた気持ちやオーストラリアでの生活環境に魅了され日本の高校を卒業した後にオーストリアにある大学に進学をしました。

 

オーストラリアで大学を卒業した後、そのまま現地にある語学学校(英語)の教員募集の求人情報を大学で発見し、求人先にコンタクトを取って面接を通じて採用通知をいただきました。

 

最初は主に、日本人留学生が勤務先の語学学校に入学してくる際に手続きや学校にある施設や図書館での本の借方や返し方などを伝える事務方の仕事を任されていました。

 

まだ現地での生活に慣れていない日本人留学生からは頼られることも多く、ホストファミリーとうまく会話ができず困っているなどの悩み相談を受けるなど心のケアをすることもあり、日本ではできない貴重な経験をすることができました。

 

日本人留学生のサポートに力を入れつつ、自分が実際に先生となって留学生に英語を指導できるようになりたいという目標もあったので人に教えるノウハウなども先輩の先生方から教えてもらうなど夢の実現に向けて着実に前進していきました。

 

結果として、語学学校に入校してから2年ほどで先生として採用されることが決定し、今まで以上に留学生との接し方が言葉のアクセントや文法の間違いなど、

 

自分の使っている英語で誤ったものがないかを気にするようになるなど自分なりに満足していた英語力をさらにチェックすることで英語のスキルを何段階も高めることができるようになったと思っています。

 

現地での仕事を見つけられたのはオーストラリアの大学に在籍していたため比較的情報が自然と集まってくる環境だったからという面がありますが、他にも海外で仕事を見つける場合に主流となるのはインターネットになります。

 

求人サイトを見つけて自らエントリーする。海外の企業であればスカイプなどを利用してインターネット上で面接を受けるということも海外では行われているため、

 

パソコンがありなおかつ現地で英語で書かれている求人サイトを理解できる英語力があればそれほど求人情報を探すことに困ることはありません。.

 

仕事は出会いと思いますので、自分の好きな仕事とタイミング良く巡ってくるとは限られません。

 

また、日本のように仕事の種類が多いわけではないので、ライバルも多いのが事実ですので自分の長所をしっかりと把握し、

 

大学卒業までに何か人にはないスキルを習得しておくと良いでしょう。


未経験、英語が出来なくても海外で働くことができる!?